Top > ND > シリーズ解説

楽天ワンにゃんDAY
シリーズ解説
HTML ConvertTime 0.390 sec.

NDチャンネルにおける動画シリーズを詳しく紹介していく。
※まだ動画を見ていない人はネタバレ注意

キーボードクラッシャーvsカオスウイルス軍 Edit

ND動画史上最初のキボクラ動画シリーズ。
後述の「ドナドナvsキーボードクラッシャー」及び「キボクラvsニュードナドナ軍」の原稿の一部をオリキャラ抜きで再現した作品。
この作品の時点で既に専用のOPが設けられていた。

各話概要 Edit

 開く

vsシリーズ Edit

ニコニコ四天王であるドナルド・マクドナルドもしくはロムスカ・パロ・ウル・ラピュタと、他のキャラが基本1vs1で戦う作品。
全3シーズンからなり、シーズン3はシーズン2(及び最終章「宿敵」)終了から2年を経て製作された。
なお各シーズンは「シーズン〇」のようにではなく、単に「vsシリーズ〇」と名付けられている。
ちなみにND動画の話数付けはこのシリーズから始まった。

シーズン2最終章「宿敵」 Edit

vsシリーズ2の11話終了後、突如として始まったシリーズ。
ドナルドの永遠のライバルであるカーネル・サンダースがドナルドと戦う作品であるが、本作でのドナルドはなんとシーズン1でライバルだったムスカと手を組んでいる。
このような例はどこを見ても非常に珍しく、期待のあったシリーズだったが、僅か6話で完結してしまった。

各話概要 Edit

 開く

キボクラ復活編 Edit

NDは前述のvsシリーズ(1)の間キボクラ動画の製作を停止していたが、該当するシリーズの完結に伴い、キボクラ動画復活記念として作られた。
だが「たかが十数日休んだ後に復活した所で何だ」と自身も思っていたのか、全4話で完結。
かつては歴代最短のシリーズだった。

各話概要 Edit

 開く

ドナドナvsキーボードクラッシャー Edit

自作キャラである「ドナドナ」と呼ばれる7人衆とゼロをはじめとしたサブキャラと呼ばれる4人の仲間(?)とがキボクラのPCに侵入し、一騒動を繰り広げる作品。
前述の「キーボードクラッシャーvsカオスウイルス軍」の原稿において、ドナドナ抜きでは成り立たない動画を寄せ集めたものらしい。
なお、ドナドナの画像は用意されていなかったが、仲間として登場したゼロなどは既に画像での登場となっている(但し現在とは違い、フルボイスではない)。
内容が薄かった為か、自然消滅の形で打ち切られている。
余談だがサブキャラのうち3人はドナドナが登場しなくなった後も密かに登場している。
またこの作品のみ専用OPが存在しない。

各話概要 Edit

 開く

キボクラvsニュードナドナ軍 Edit

「ドナドナvsキーボードクラッシャー」同様キボクラとドナドナ&サブキャラの騒動を描いた作品。
話数はなんと全100話
かつては5年に渡り歴代最長シリーズの座にあった。

各話概要 Edit

 開く

キーボードクラッシャー 10周年編 Edit

YouTubeへの本家動画投稿から10周年を記念して製作された作品・・・・・・となる筈だったが、NDの勘違いにより実際には10周年を迎えるよりおよそ半年遅れた2016年7月*7に製作されており、更には1か月足らずで完結してしまった。
内容としては、一部は本家動画をはじめ、過去の有名なキボクラ動画の再現となっている。

各話概要 Edit

 開く

キボクラ 太鼓さん次郎編 Edit

「太鼓の達人」のPCシミュレーターソフト「太鼓さん次郎」でキボクラと他キャラがスコアを競う作品。
当時YouTubeのキボクラ動画界で太鼓さん次郎が流行っていた(?)影響で製作したと思われる。
シリーズ中では基本的に4人勝負であるが、番外編のみお題が出される形式であった。
また、一部の相手にはハンデが付いている(裏譜面をプレイ、倍速オプションなど)。
基本プレイヤーはNDだが、最後の相手のみオートを使用している(当然ながら全良)。
18話からは完全に1vs1の勝負になった。

各話概要 Edit

 開く

太鼓de1vs1Rose竜の乱 Edit

「太鼓さん次郎編」を4人勝負から1vs1に変化させたのみ。
あちらとは違い1画面で勝負する形となっているので、当然相手はオートを使用している。
但しそれでは面白くないとの判断により、時々オートに判定調整をし、可を誘発させるという手法を取ったこともあった。
また、キボクラが太鼓さん次郎において初めて勝利したのもこの作品である。
ちなみにこの形式は上述したように太鼓さん次郎編でも18話から使用されている。

各話概要 Edit

 開く

ノーマルストーリーを書いてみた Edit

キボクラ動画だけではなく、通常の内容の動画、いわゆる「カオス動画」とをまとめてシリーズにした作品。
この為か専用OPも2種類あり、内容ごとに異なっていた。
最終話ではND本人が登場*10し、サブタイトルからもネタ切れである事が明かされている。

各話概要 Edit

 開く

今日の来客 Edit

キボクラが他のキャラと手を組む、「キボクラと手を組んでみたシリーズ」の第1弾に当たる作品で、ドナルド・マクドナルドと手を組んでいる。
太鼓さん次郎編同様、YouTubeにて流行っていたため製作したと思われる。
当初他シリーズの計画が多かった為か、話数は僅か全3話で、ND動画史上最短である。

各話概要 Edit

 開く

バカ?アホらし。 Edit

キボクラと手を組んでみたシリーズ」第2弾で、イディエットクンと手を組んでいる。
「今日の来客」同様話が続かず、僅か4話で終了した。

各話概要 Edit

 開く

太鼓次郎トーナメント Edit

太鼓さん次郎を使用した、トーナメント大会を描いた作品。
「キボクラvsニュードナドナ軍」のサブキャラ達も参戦している。

各話概要 Edit

 開く

カオスな夏初出の奴ら~カオスサマー軍~ Edit

カオスサマー軍のキャラクターによるコメディ作品。
1つの軍が軍としてシリーズで描かれるのは初。
なお当初は軍のメンバーや構成がまだ曖昧で、正式決定はシリーズ終了後である。
余談だが「カオスサマー」と言いつつ製作が開始されたのは2016年12月で、完結も2017年3月だった。

カオスな夏初出とは限らなかった件~カオスサマー軍Returns~ Edit

2018年4月、続編として登場した作品。
半年間で製作されたため、夏クールも含まれている。

各話概要 Edit

 開く

キボクラ年越し編 Edit

2016年末から2017年始にかけて製作された作品。

各話概要 Edit

 開く

キボクラvsドナルド外伝的な Edit

キボクラとドナルドの戦いを描いた作品。
「今日の来客」とは違い、互いに敵意を持っている通常のスタイルで描かれている。
しかし話数は全3話最短タイ

各話概要 Edit

 開く

キボクラ投獄編 Edit

とある罪を犯してしまい、逮捕されてしまったキボクラがいつも通りPCを使い、そして邪魔されるというシンプルな作品。
ND曰く、OPが斬新過ぎて気に入っていないらしい。
余談だが当時の状況を文章で再現(?)したニュースが存在する。

各話概要 Edit

 開く

キボクラノ基地潰し Edit

キボクラが反ウイルスと銘打って、全国の組織の基地を潰そうとする作品。
ストーリー自体は「ノーマルストーリーを書いてみた」第9~10話と繋がっている。
余談だが、本シリーズの専用OPの途中で、「Keyboard」の所を製作段階で「Keybord」としてしまっており、二重線で修正されている。

各話概要 Edit

 開く

現在英語圏 Edit

キボクラと手を組んでみたシリーズ」第3弾で、Microsoft Samと手を組んでいる。
このためかサブタイトルは全て英語
「今日の来客」同様こちらも話が続かず、僅か4話で終了した。
ちなみに「※ヲタの神髄※」と同時進行。

各話概要 Edit

 開く

※ヲタの神髄※ Edit

キボクラと手を組んでみたシリーズ」第4弾で、未空イナホと手を組んでいる。
こちらも話が続かず、話数は全3話最短タイ
ちなみに「現在英語圏」と同時進行。

各話概要 Edit

 開く

金のタピオカパン Edit

キボクラがニュースに出ていたという幻の「金のタピオカパン」を探しに行くという作品。
何故か途中で敵キャラが「試練」という形で相手をする。

各話概要 Edit

 開く

最悪なゴールデンウィークを過ごしてしまったキーボードクラッシャー(2017年) Edit

「キボクラvsニュードナドナ軍」シーズン2の合間に製作された作品で、最悪な行事イベントシリーズでは唯一専用OPが使用されている。

各話概要 Edit

 開く

NDノ誘惑 Edit

内容はほとんど通常のものと変わらないが、相手が女性キャラ固定というのが最大の違い。
総統閣下がメインとして登場するのはキボクラ動画シリーズではND動画史上初。
YouTubeには総統閣下のメイン回*16抜きで投稿された。

各話概要 Edit

 開く

NDノ誘惑ノオコボレ Edit

「NDノ誘惑」の番外として作られた作品。
当初NDが当シリーズを終わらせる前の段階で、「新規追加キャラを出しておきたい」という意思があった為製作したらしい。
なお総統閣下は登場しない。

各話概要 Edit

 開く

1000話超えたんでひとまず昔のをもう一度やってみる Edit

NDがPC内で製作したキボクラ関連の動画に付けている番号が1000に達したことから製作された作品。
過去に自身の動画で行っていた企画を再び行っている。

各話概要 Edit

 開く

Crashed Edit

配信時間:土曜21:00
2019年3月末の休止宣言から1年以上経って再開した際の作品。
本シリーズからND他のマイキャラ及び軍大将がフルボイス化している。

After Crashed Edit

配信時間(当時):土曜21:00
「Crashed」終了後、「やっぱりもうちょっと続けたい」という意思があり、継続する形で製作された作品。
前シリーズの最終回の伏線については初回となる第40話でND本人によって解説されている。

各話概要 Edit

 開く

Weekly Crasher Edit

配信時間:土曜20:00
「Crashed」及び「After Crashed」の続編のような位置付けの作品。
前作から続く「週1キボクラ*35」をこのシリーズでも受け継いでいる。
YouTubeのND動画史上初めてシリーズ特有のEDが盛り込まれた作品でもある。
また話数は全106話ND動画史上最長シリーズである。
なおサブタイトル表示部のジングルはTorinos氏と全く同じ*36

各話概要 Edit

 開く

R.C. ~Revival Crasher~ Edit

配信時間:未定
これまでのND動画シリーズのリメイクを製作。
EDについては廃止された。
なお構成上前作「Weekly Crasher」の続編ではない。

各話概要 Edit

 開く

*1 脚注除く
*2 本編中では「早くて」と誤植になっている
*3 本名は浦川良子らしい
*4 「アンタ本当に馬鹿ですネ」
*5 フリーズ
*6 設定
*7 現時点での最古動画は2006年2月投稿
*8 当時は敵
*9 正露丸2000
*10 当時の名義はND26の為サンダルの姿
*11 同年の内浦湾地震(6/16)を題材にしている
*12 正確には「V-Sports」
*13 モノクロスクリーン
*14 決して嘔吐ではない
*15 勘弁してくれ
*16 最終章を除く
*17 他の方の動画では逆であることが多い
*18 黙れカス
*19 min」の事で、実際に2018年4月29日に完成
*20 実際には13年
*21 実際に花の妖精であった事に気づいたNDがコメント欄で修正している
*22 「『大好き』が一番のマストアイテム」
*23 最難
*24 最易
*25 現在の名称は『Looney Tunes Parodies』
*26 春野はるか、大空遥
*27 ライバル軍
*28 ネタバレ防止
*29 コメント欄で苦悩が伺える?
*30 2016年2月
*31 リンク先注意
*32 LZAさんが過去に作っていたクイズ大会シリーズ
*33 「死ね☆」
*34 「森羅万象裏切らないのはやっぱり『カネでしょう?』」
*35 要するに予約投稿
*36 MusMus ジングル018
*37 ND動画全体の第80話以来
*38 「SAY GOODBYE」
*39 ハングリーであれ、愚か(者)であれ
*40 及びサブタイトルの元ネタ
*41 アンドロイドL《グロリウス》
*42 但し一部の視聴者からは既に指摘されていた
*43 猫サンキュー
*44 10年半前から(Bloopers)動画をやっている
*45 春風
*46 Ghost eShop
*47 マリオパーティDS
*48 映像はフェイク
*49 Year 2030
*50 BORDERLESS
*51 最終決戦前、つまり2018年
*52 ヨビダシボイス、ソラミミノトオリソノトオリ、合成カシノトオリ
*53 雨とペトラ
*54 リバーシ
*55 Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標
*56 ヌーディズム
*57 ヒバナ
*58 YouTubeではカット

ホーム リロード   新規 下位ページ作成 コピー 編集 添付 一覧 最終更新 差分 バックアップ 検索   凍結 名前変更     最終更新のRSS